医師ブログ

2010.11.27更新

本日茅ヶ崎医師会健康スポーツ医部会 「インターバル速歩」でいきいき健康に参加してきました。
 スライドと実地指導を含む講演で、特に速歩のときのフォームを強調していました。以下そのポイントですが
1.大股で歩く
2.腕を曲げ、しっかりと前後に振る。肘が4時~8時の間でふれるように。拳は肩よりあがらない。
3.上半身はしっかりと立てる。 まっすぐに立って、胸を張る
注意点はやりすぎ厳禁であり量より質でおおくやればよいというものではないとのこと。使用する靴も靴底に厚みがあり、クッション性のよい靴を使用するとのことです。
最初の3分はゆっくり歩きでその後3分は速歩でその繰り返しで最後の3分はゆっくり歩きでクールダウンして終わりにする。
私も月曜より早起きして週3回やろうと思います。がんばります・・・

投稿者: 加藤医院院長 浅井偉信(内科・呼吸器・アレルギー専門医)