医師ブログ

2019.09.30更新

今日で私が加藤医院に赴任してからちょうど半年が経ちました。

医療の最前線を走る総合病院勤務医から、一人ひとりの患者をトータルにマネジメントする地域のプライマリケア医となり、とにかく新しい視点に慣れることに奮闘した半年間でした。

おかげで多少余裕も出てきて、患者の皆さんにゆっくり向き合うことが出来つつあります。皆さんが困っていらっしゃることに今まで以上にお応えできればと思いますので、引き続きよろしくお願い致します。

さて、今年のインフルエンザですが、どうも流行のタイミングがいつもの年と違っているようです・・・

通常9月中はほぼ流行はしないものなのですが、今年は9月中旬から沖縄を中心とした西日本で流行が始まり、どうもこちらにもその波がやってきつつあるようです。
お隣の東京ではすでに学級閉鎖が30クラス位発生しているようであり、下旬に入りこちら茅ヶ崎でも学級閉鎖が発生したようです。神奈川県では、昨年は11月20日に初めての学級閉鎖発生があったので、今年は約2か月ほど早い状況となっています。
まだまだ流行は初期段階で今後の動向はまだわかりませんが、これだけ早い流行はあの2009年の新型インフルエンザの時以来であり、そろそろ注意深く様子を見始めてもいいのかもしれません。



インフル流行状況国立感染症研究所HPより

 

ということで当院では例年より早く、明日10月1日よりインフルエンザの予防注射を開始することに致しました。接種のタイミングは悩むところではありますが、インフルエンザワクチンは接種後約2週間で抗体がつき、そこから約5か月間効果は持続するとされていますので、遅くても11月中には接種を完了したほうが良いですし、このまま流行が早く始まってしまうのであれば早急に接種したほうがよいでしょう(流行が早いと終息も早い傾向があります)。

特に65歳以上の方や、気管支喘息、COPDなどの肺の病気をお持ちの方、心臓病、腎臓病、糖尿病などをお持ちの方は、免疫力が低下しているため重症化するリスクが高いといわれていますので、ぜひ接種をお願いいたします!

 

投稿者: 医療法人社団加藤医院

TEL 0467-82-2602 診療時間 8:30~12:00 15:30~18:30