自費診療

加藤医院が行っている自費診療メニュー

原則予約制になっていますので事前に電話またはメールで予約をお願いいたします。

サプリメント外来

現在の食生活では十分な栄養素を摂取することが困難で、栄養も偏りがちになる傾向があります。また栄養素はひとつでも不足すると体の新陳代謝に悪影響を及ぼします。このため栄養不足で、気がつかないうちに体の不調の原因になっている場合があります。

また健康診断などの血液検査で異常なしといわれても、分子整合栄養学の観点からみると栄養素(ビタミン、ミネラル、たんぱく質)の不足を見つけることができます。
詳細な血液検査を施行することで、不足する栄養素を見つけ出し、これにより、現在不足している栄養素を補うため、食事をアドバイスし、サプリメントをもちいて十分な量の栄養素を補充する栄養療法を実施しています。

当院ではMSSを通じて新宿溝口クリニックと連携して、 問診と血液検査により栄養解析を施行し、適切なサプリメントを御提案させていただいています

ACボディ

体の深部に電流を流すことで、「お辞儀」をする時と同じ筋肉(腸腰筋)を刺激します。この筋肉は体の中で2番目に大きいため、ここを鍛えることで効率的に代謝をアップさせ、内臓脂肪低下を狙うことができます。1回30分の使用で、腹筋運動およそ300回分もの効果があるのが特徴です。

 

AGA

AGAとはAndrogetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。
プロペシア、ザガーロを処方して、薄毛でお悩みの方への診療を行います。AGA(男性型脱毛症)は日本全国で1260万人がなっていると言われています。

プロペシア、ザガーロを処方する際は医師の診断が必要なので、まずはご相談いただければと思います。

がんの免疫療法

私たちの体の中では、実は毎日3,000個ものがん細胞が発生しています。それでも多くの方ががんを発症しないのは、免疫細胞ががんを駆除しているからです。しかし、何かしらの理由で免疫力が落ちると、毎日発生しているがんを駆除しきれなくなり、増殖し始めてがんを発症することになります。

免疫療法では、体内にある免疫細胞を患者さんの体の中から取り出し、それを加工して培養したものを体内に戻すことで、元々持っている免疫力をさらに高める治療方法です。自分自身の免疫細胞を使用するため副作用はほとんどなく、特に早期がんの治療や、がん治療後の再発防止に効果を発揮します。

漢方外来

現代西洋医学では 全ての訴えや症状が治れば漢方の出番は多くありません。ところが、多くの患者さんが西洋医学では不十分、又は治らないと言われている症状や訴えで悩み困っています。

つまり、西洋医学では不十分な時、西洋医学が合わない時などに漢方は結構役に立ちます。
当院では漢方薬の立ち位置は、西洋医学の補完医療と考えています。漢方薬のみで治療しようとは思っていません。
日本では約150種類の漢方薬エキス剤が健康保険で認められています。保険適用のエキス製剤を使用して西洋薬と漢方薬を組み合わせて治療にあたっています。

加藤医院が行っている点滴療法

点滴療法研究会は最新のエビデンスに基づいた点滴療法を提供する医師・歯科医師・獣医師を会員とするグループです。


欧米では科学的に根拠のある様々な点滴療法が代替統合医療・アンチエイジング医療の現場で広く行われています。点滴療法研究会では、最先端の点滴療法を提供できるように最新の医学情報を学び、常に患者さんが安全に点滴療法が受けられるよう技術を磨いています。


当院は点滴療法研究会のプロトコールに準じて点滴療法を実施しています。

 

高濃度ビタミンC点滴、グルタチオン点滴は無料相談後に治療を開始させていただきますので「無料相談予約」でお電話かメールでお問い合わせください。


無料相談のお時間は、平日14:30~15:00までの間とさせていただいております。
電話でのお問合せは、診療時間内にお願い致します。なお、お問い合わせの際は、ご希望日時をお伝えいただければと思います。

 



超高濃度ビタミンC点滴

ビタミンC濃度が400mg/dLに達すると人の膵臓がん、悪性黒色種、大腸ガン、骨肉腫の培養された細胞は死滅します。

なぜビタミンCが高濃度になるとがん細胞が死滅するかというと、ビタミンCが高濃度になるとがん細胞の周囲で鉄などの微量な金属が過酸化水素を作り出す反応を起こします。(フェントン反応と言います)

過酸化水素とは殆どの方がご存じだと思いますが、
皮膚等の殺菌剤である「オキシドール」の事です。

正常な細胞には、過酸化炭素水を中和する「カタラーゼ」という酵素が働き過酸化炭素水の殺菌力を中和します。
がん細胞は「カタラーゼ」が少なく、過酸化炭素水の殺菌力を中和できないため、過酸化炭素水のダメージを受け細胞の死滅に繋がります。

さらに、超高濃度ビタミンCはがんを死滅させる効果を持っているだけではありません。

身体の生命活動に必要なエネルギーを作り出すミトコンドリアという細胞の機能を正常化させ、がん細胞の増殖を抑える遺伝子(p53遺伝子)の安定と機能の低下を防ぎ、がんの免疫力を高める効果もあります。
超高濃度ビタミンCはがん治療に効果的でかつ、免疫力を高める事が出来る今までにない理想の化学療法と言えると思います。

当院でも超高濃度ビタミンC点滴を副作用のない抗がん剤としていち早く取り入れ患者さんへ提供させていただいております。下記のような方には特に適した治療法です。

高濃度ビタンC点滴療法が適応となる方は、

通常のがん治療が無効の場合

通常のがん治療の効果をより確実にしたい

通常のがん治療の副作用を少なくしたい

良好な体調を維持して、症状を安定させたい

代替治療でがん治療を希望する

(ここで言う通常のがん治療は、外科、抗がん剤、放射線の三大がん治療の事です)
などです。がん治療に有効な抗がん剤や放射線治療がある場合は併用する事をお勧めします。

※この治療が有効ながんの種類については現在は研究段階です。

■ビタミンC点滴の注意事項

ビタミンC点滴は、原則予約制となっております。

御予約無しでご来院された場合は点滴をお断りする場合もございますので予めご了承下さい。

ビタミンC点滴の受付時間について
午前…8時30分から11時まで
午後…15時30分から17時まで

最終受付時間を過ぎた場合は、受付をお断りする場合もございます。

ビタミンC点滴にかかる時間の目安について。
50gのビタミンC点滴をされる場合、約1時間前後
75gのビタミンC点滴をされる場合、約1時間30分前後
個人差があります。


お食事と水分について
お食事は必ず済ませ、ご来院ください。
水分補給の為、お水、お茶等のご用意をしてご来院ください。


化学療法を施行されている時禁忌となる場合がありますのでおしらせください。
MTX(メソトレキセート)は投与前24時間、あるいは投与後48時間以内はビタミンC点滴は禁忌になっています。


お支払い方法について
現金、又はクレジットカードのご利用ができます。
但し、クレジットカードのお支払いは、¥10,000以上に限ります。


無料相談後に治療を開始させていただきますので「無料相談予約」でお電話かメールでお問い合わせを宜しくお願いいたします。
無料相談のお時間は、平日14:30~15:00までの間とさせていただいておりますので、お問い合わせの際は、ご希望日時をお伝えいただければと思います。

 

マイヤーズカクテル

ビタミンB1・B2・B3・B5・B6・B12、ビタミンC、グルタチオン、マグネシウムなどが含まれている点滴です。副作用はほとんどなく、気管支喘息、線維筋痛症、甲状腺機能亢進症、偏頭痛発作、こむら返り、狭心症、全身倦怠、疲労、急性上気道炎、生理不順、慢性副鼻腔炎、心不全、慢性疲労症候群、アレルギー性鼻炎、慢性蕁麻疹など幅広い疾患に対して効果が期待できます。

グルタチオン

脳にとって最も重要な抗酸化物質の一つがグルタチオンです。
グルタチオンは、脳を様々な有害物質から守る役割を持っている重要な物質です。
難病(特定疾患)に指定されているパーキンソン病は脳内でグルタチオンが減少していることが分かっています。

当院では、パーキンソン病の進行防止としてグルタチオン点滴を行っております。
グルタチオン点滴は、副作用も非常に少なく、安全性の高い点滴で、アメリカでは抗がん剤の副作用による指先のしびれ(末梢神経障害)、閉塞性動脈硬化症など副作用の治療に使われることもあるくらいです。

ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

ニンニク注射

ニンニク注射はこんな方に効果的です!!

肩こり腰痛頭痛がある方

疲れが溜まっていて、集中力がないまま大事な仕事をやろうとしている方

よく睡眠をとっているのに全然疲れがとれない方

だるさがなかなか抜けない方

夏バテによる体力低下ぎみの方

冷え症で体力が弱くよく風邪をひいたりなかなか体調が元に戻らない方

二日酔いの方や肝臓が弱っている方(スーパーニンニク注射)

 

TEL 0467-82-2602 診療時間 8:30~12:00 15:30~18:30