各種検査

各種検査のご案内

レントゲン検査

様々な部位をレントゲン撮影することができる設備を整えております。また、デジタルレントゲンのため、検査による被曝量を抑えることができ、より安定した高品質な画像を得ることができます。

肺機能検査

肺の容積や気道が狭くなっていないかを調べられる検査です。鼻をクリップでとめて、鼻から空気が漏れないようにしながら専用の装置を口に加えた状態で行います。通常の呼吸を繰り返した後に、思いきり吸ったり、勢いよく吐いたりして肺活量や1秒間にどの程度息を吐き出せるかなどを計測していきます。計測値にによって、呼吸の障害の種類やその程度を調べることができます。

呼気NO検査

ぜんそくでは気道に炎症が起きているために起こります。ぜんそくの状態の気道では一酸化炭素(NO)が生産されていることがあり、これを測定することでぜんそくを診断したり、治療効果や現在の状態を判断することができます。方法としてはマウスピースを咥えていただき、画面の指示に従いながら約10秒ほどゆっくり息を吐くだけです。

モストグラフィー(総合呼吸抵抗測定装置 MostGraph-02 )

COPDやぜんそくではさまざまな理由で気道が狭くなり、その結果気管の中の空気が通りにくくなります(これを呼吸抵抗といいます)。この機械では音波を出す機械に向かって、マウスピースを咥え通常通りの呼吸を行うだけで呼吸抵抗を測れます。呼吸抵抗のパターンにはCOPDとぜんそくに現れやすいパターンがあり、ある程度見分けられます。また治療効果を判定するにも有効に使えるとされています。

 

心電図検査

手首、足首、胸に電極をつけて、心臓の動きを調べます。心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患、そして不整脈などの発見に有効です。また、当院では安静時と運動後に測定する心電図検査や、24時間心臓の動きを記録し続けるホルター心電図も実施しています。

超音波検査(エコー)

人の耳では聞き取れない周波数の音を体に当てて、体内から反射してきた波を画像化する検査方法です。各臓器の変形や異常の発見をすることができ、体への害がない、検査時の苦痛がないといったメリットもあります。

なお、当院の医師は、超音波医学学会の専門医を取得しており、検査結果に基づく適切な診断や治療計画の作成が可能です。

当院で行っているエコー検査

  • 腹部超エコー検査
  • 甲状腺エコー検査
  • 頸動脈エコー検査

血圧脈波検査

動脈硬化がどれくらい進んでいるかを簡単に調べることができる検査です。検査結果として血管年齢もわかりますので、予防の目標としてご活用いただくこともできます。特に以下に当てはまる方は、一度検査を受けられることをお勧めします。

  • 肥満
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症

この検査は仰向けに寝た状態で両腕、両足の血圧と脈波を測定します。

この検査でわかることは、

  • 動脈の硬さ
  • 動脈のつまり
  • 血管年齢

がわかります。

動脈波検査

内視鏡検査

内視鏡を体内に入れて、先端についている小型カメラで内臓の中の様子を調べる検査です。口や鼻から入れて胃の中の様子を調べる場合は「胃内視鏡検査」もしくは「胃カメラ」、肛門から入れて大腸の中の様子を調べる場合は「大腸内視鏡検査」もしくは「大腸カメラ」と言います。

胃カメラに関しては、苦しいというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、当院では全身麻酔を使用した検査や、鼻から内視鏡を挿入する検査(経鼻内視鏡検査)にも対応していますので、ご安心ください。また、内視鏡の専門医が検査を実施いたします。

当院ではレーザー光源搭載の新世代内視鏡システムを採用。内視鏡での狭帯域光観察(血管や微細な表面構造を見やすくする)で診断精度を向上させ、病気の早期発見に努めています。

■経鼻内視鏡について
口から内視鏡を入れると舌根にファイバーが触れるので咽頭反射を起こします。
経鼻内視鏡はファイバーでは舌根に触れないので咽頭反射が起こりにくいのです。
また検査中、会話も可能です。

■レーザー内視鏡について
短波長狭帯域観察BLlは表装血管観察に適した短波長レーザー光を照射して得られる高コントラストな信号に画像処理を行うことによって、血管や表面構造に適した画像を表示するものです。

骨密度検査

骨密度検査、もしくは骨量検査と呼ばれるもので、その名の通り骨の密度を調べることで骨粗鬆症のリスクを判定します。特に更年期以降の女性は骨粗鬆症の発症者が急激に増えるため、定期的に骨密度検査を受けておくようにしましょう。

眼底検査

眼底とは、目の奥にある網膜や血管、脈絡膜、視神経乳頭などのことを言い、全身の中で唯一、血管を直接見ることができるところです。眼底の血管を調べることで、目の病気だけでなく、糖尿病を始めとする様々な全身疾患を発見することができます。なお、瞳孔を開く薬は使用せずに検査を行いますので、検査後も車を運転していただいたり、仕事に戻っていただいたりしても差し支えありません。

ボディパス

私たちの体は、水分、タンパク質、脂肪、骨などによってできており、これらのバランスが崩れると体調が悪くなったり、疾患を発症しやすくなったりします。

ボディパスは、体成分分析検査とも言われており、これらの成分を調べることで疾患の早期発見や予防に役立てるために使用します。

生活習慣病遺伝子検査

生活習慣病とは生活習慣(食事、運動、喫煙、飲酒など)で引き起こされる病気の総称です。食事、運動など生活習慣を気をつけていても病気になる人とならない人が存在します。
これは個人の体質遺伝子による差と考えられます。遺伝的な体質の差を検査して個別に病気のリスクを知った上で病気の予防治療に役立てるのを目的とした検査です。
当院では(株)サインポストの解析プログラムを使い自分の体質を知ることに役立てています。

栄養解析検査

健康診断などの血液検査で異常なしといわれても見方を変えて分子整合栄養学の観点からみると栄養素(ビタミン、ミネラル、たんぱく質)の不足を見つけることができます。

これにより現在不足している栄養素を必要なだけ補充することができます。当院では問診と血液検査により新宿溝口クリニックと連携して栄養解析を施行し適切なサプリメントを御提案させていただいています。

MCI検査

MCIは認知症の前の段階で日常生活は問題なくすごせますが、何もしなければ数年後に約半数の人が認知症になる可能性があります。MCIの段階で適切な治療すれば予防、発症を遅らせることができます。
認知症の中で最も多いアルツハイマー型認知症で脳内にアミロイドベータペプチドが蓄積し神経細胞に障害を与えるとのことです。
MCI検査はアミロイドベータペプチドに関連する血液中のたんぱく質を調べるMICのリスクを判定します。
またアルツハイマー型認知症の発症に関連する遺伝子を調べる「APOE遺伝子検査」も行っております。
「MCIスクリーニング検査」「APOE遺伝子検査」は、認知症の早期発見を手助けする検査です。

がんの遺伝子検査


正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の変異を調べ、画像診断では発見不可能な分子レベルの「微細ながん細胞」の存在リスクを評価し、がんの超早期診断を可能にします。また、目に見えない「がんリスク」を顕在化し、「がん予防」、「がん再発防止」のための新たな指標を提供します。

TEL 0467-82-2602 診療時間 8:30~12:00 15:30~18:30