スタッフブログ

2021.03.11更新

加藤医院に23年にわたって勤務してくれていた看護師、小林さんがこの度退職となりました。

小林さんはとても可愛らしい方で、いてくれるだけでパッと温かく明るい雰囲気になります。そんな方が退職となり、残念ですが、小林さんのこれからの毎日が楽しいものとなりますように。

小林さん

おはな

 

 

さて、院内がまた変わったことにお気づきになりましたか?

廊下の床が変わり、pcなどが置いてあった棚が撤去され、少し広くなりました。22日はお休みをいただき、改装工事が行われます。どう変わるか私たちスタッフも、楽しみです。

 

さてさて、東日本大震災から10年。あの日は今日のような晴れた空ではなく曇りだったように記憶しています。

帰宅していた次女(当時小2)と手を繋ぎ、まだ小学校にいた長女(当時小4)を迎えに行くも、途中で学校から引き返してきたママ友から、今学校に行っても子供は返してくれない、自宅待機をするよう言われたと聞き、自宅に戻りました。学校から連絡を待つ間、テレビから流れてくる恐ろしい映像を見ながら、大丈夫大丈夫と次女に言っていましたが、それは多分自分に言い聞かせてたのではないかと考えます。続く余震の中、何をしていいかわからず、お腹を空かせているだろう長女のためにワッフル焼いて、ひたすら学校からの連絡を待っていました。やがて、連絡を受け迎えに行って長女の顔を見たら、ホントに不安そうで今にも泣き出しそうな顔。家に着いたら、ほっとしたのか、案の定、お腹空いた〜の声。

 

その時、まだ小さかった次女も13日には高校を卒業します。心身共に逞しくなりました。

春からは新たなステージで楽しんでほしいとおもいます。

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団加藤医院

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY