自家がんワクチン

自家がんワクチンは手術で取り出した患者さん自身の癌組織と独自の免疫刺激剤を混ぜて作る癌ワクチンです。自分自身の組織が材料になるため自家がんワクチンといいます。
自家がんワクチン投与により体内にがん細胞だけを除去する免疫細胞を活性化することができます。

がん細胞にはがん抗原といわれる、人の免疫細胞が異常とみなすことができる目印が含まれています。自家がんワクチンは免疫細胞に異常の目印を覚えこませて、がん細胞だけを選択して攻撃するようにトレーニングします。
いわゆる、がん細胞と闘う特殊部隊を体内で育成するのです。

TEL 0467-82-2602 診療時間 8:30~12:00 15:30~18:30