自家がんワクチン

自家がんワクチンは手術で取り出した患者さん自身の癌組織と独自の免疫刺激剤を混ぜて作る癌ワクチンです。自分自身の組織が材料になるため自家がんワクチンといいます。
自家がんワクチン投与により体内にがん細胞だけを除去する免疫細胞を活性化することができます。

自家がんワクチンは手術で取り出した患者さん自身の癌組織と独自の免疫刺激剤を混ぜて作る癌ワクチンです。自分自身の組織が材料になるため自家がんワクチンといいます。
自家がんワクチン投与により体内にがん細胞だけを除去する免疫細胞を活性化することができます。

がん細胞にはがん抗原といわれる、人の免疫細胞が異常とみなすことができる目印が含まれています。自家がんワクチンは免疫細胞に異常の目印を覚えこませて、がん細胞だけを選択して攻撃するようにトレーニングします。
いわゆる、がん細胞と闘う特殊部隊を体内で育成するのです。

がん細胞にはがん抗原といわれる、人の免疫細胞が異常とみなすことができる目印が含まれています。自家がんワクチンは免疫細胞に異常の目印を覚えこませて、がん細胞だけを選択して攻撃するようにトレーニングします。
いわゆる、がん細胞と闘う特殊部隊を体内で育成するのです。

結果、がん細胞中多く出来るがん抗原を免疫細胞が見つけ出し、活発にがん細胞を除去するようになります。これにより手術で取り残した小さながんを除去する治療や、がんの再発、転移を予防することが出来るのです。

近年、様々な免疫療法が出てきておりますが、自家がんワクチンと他の免疫療法と大きな違いは、細胞培養の必要がないため、早く製造ができて、原則1クールのみですので他の免疫治療と比べて安価で治療を受けられる事です。

なお、抗がん剤のように髪が抜ける等の強い副作用はありません。自家がんワクチン注射箇所の一時的な腫れや一過性の発熱はありますが、いずれも自然治癒する範囲で、大きな問題になるほどのものではありません。

受診するには

1.手術した病院にがん組織標本があるかどうか、提供してもらえるかどうか確認してください。

2.無料相談。
自家がんワクチンの説明、施行出来るかどうか相談。スケジュールを決めます。

3.手術した病院で組織を受け取る
手術で摘出したがん組織の残り(ホルマリン処理済、またはパラフィン包埋ブロックになっているがん組織)を確保してください。自家がんワクチン作成には、がん組織量1.5g以上必要です。

4.当院にがん組織を持参。
がん組織を持参していただきセルメディシンに送り、癌組織量が十分かどうか確認の上、施行できるかどうか決定します。

5.ワクチン投与
投与スケジュールに従い、外来受診にてワクチン投与を受けます。ワクチンは1回に5ヶ所、上腕皮膚内注射します。

 

自家がんワクチン料金表(税抜)

自家がんワクチンの料金(保険外診療)
初診料・診察料 ¥30,000
免疫反応テスト ¥30,000×2回
接種量 ¥400,000×3回
合計 ¥1,290,000
TEL 0467-82-2602 診療時間 8:30~12:00 15:30~18:30